素人女性のメリット7つ!プロでは味わえない魅力~援助交際掲示板

援助交際のメリットとは?それは素人女性を抱けるという事だ。素人女性というのは風俗に言っている男性たちに通ずる言葉だ。サイトを利用してものは風俗にいるプロの女性を抱きたくないと思うから。AVに出てるような素人の女性とセックスをしたい。だから出会い系サイトで素人女性と援助交際する。AVでも有名なAV女優よりもデビューしたての若手の素人っぽいAV女優の方が見たくなる人は多いはず。素人もののマジックミラー号を見てしまうのはプロの完璧な演技より、素人っぽいガチなリアクションの方が興奮するからだ。大手の出会い系サイトのアダルト掲示板であればそれは容易に達成できる。だからいつまでたってもアダルト掲示板の需要は無くならない。それにお金に困っていて、知らない男とセックスしても良いと思っている女性もいなくならないから、完璧に需要と供給が成り立っているといえる。それがお互い120%の満足か?と言われればそうではないかもしれないが、男性の性欲は少なくとも満たされる。それだけ素人女性には良い要素がある。例えば…。

会話をしてからセックスに入れる

女性と無言のまま援交セックスに入る人は少ないと思う。そこでの素人女性と会話をする。これがメリットだ。メリットというより、気持ちが高ぶる。もちろん風俗でも会話はする。しかしそれは店員とお客という関係性で発生するものだ。素人女性とセックスをする直前の会話は普通の会話。出会ってまもない女性。そのへんにいる女性だ。全くの赤の他人。そんな女性との会話。それもほとんど当たり障りのない世間話だ。「前の彼氏は○○で~」みたいなとてつもなくどうでも良い会話をすることになる事がほとんどだ。しかしそれがまるでAVのように体感でき、「素人感」があり非常に良い。会話が弾めば弾むほど本番が気まずくなる物だ。その気まずさが最高だと言う事は素人援助交際女性が好きな男性なら分かるはず。

初々しい

出来ればどこまでも素人であって欲しいというのが男の願望だろう。AV女優や風俗嬢も確かに良い。だが、初々しさというのは素人女性が一番。当たり前だが、慣れていないのが非常に良い。初々しいリアクションが良い。興奮する。できれば出会い系サイトの素人女性でも初めてのに近い女性の方が良い。処女は嫌だが、経験人数が少ない女性とセックスがしたい。

デートっぽい

これは人にもよるが会話の時間が長かったりするとデートっぽくなることがある。それでスタバなんかでお茶でもするとこの関係は何だろうと?という雰囲気になる。食事をしたりするとさらにデートっぽくなる。距離感にもよるが素人女性で彼氏がいない女性だと、イチャつく事も可能になる。すると余計に親密な関係になりやすい。デートっぽく楽しめるのは援助交際ならでわだ。

時間が関係ない

時間が関係ない事もメリットだろう。素人女性がキッカリ1時間でお願いします!とはまず言ってこない。出会い系サイトの素人女性は大抵時間があり暇を弄んでいる人の方が多い。時間があるから出会い系サイトを利用するのだ。風俗なら50分・60分・90分などのコースが選ぶ事になる。その時間の融通が効くのは非常に良い。延長無料だ。

プレイ内容が型にハマってない

プレイの内容が型にハマっていないのも良い点だ。素人女性はセックス慣れをしているかもしれないが、シナリオがあるわけはない。風俗嬢はある程度計算して男性を導く。しかし、素人女性は好みのプレイを頼めるし、変更も自由。全くルールがないから拒否されない限り、プレイは自由になる。

指名料が無料

キャバクラ・風俗などで指名料が発生する。が。素人女性を出会い系サイトの掲示板で選んでいる時は指名料は無料になる。誰を選んでも構わない。制限時間もない。新しい人もドンドン登録してくる。直に顔写真を見る事もできる。強いて言うなら出会い系サイトのポイント料金が発生するくらいだろう。しかしそれも掲示板の投稿を見るのに10円しかかからない。1000もかからず待ち合わせまで可能だ。

キャンセルも可能

キャンセルも可能で無料だから援助交際は非常に便利だ。ガチな素人女性には申し訳ないが、こちらもどうしてもキャンセルしなければいけない時もあるし、あまりに女性がイメージから離れているために、キャンセルを申し出る事もある。風俗ならトラブルになりかねないし、デリヘルならキャンセル不可と前もって言われる事もある。だが、出会い系サイトの掲示板で素人女性と援交をする時はキャンセルも簡単。メールで一言なり、直接言うなりで伝える事ができる。理由は急用でもいいしイメージと違ったという話でも良い。

まとめ~素人女性を抱きたいなら

勧めるわけではないが、素人女性を抱くなら出会い系サイトのアダルト掲示板が一番手っ取り早い。

定期的な関係を結んで月額パパになったぞ~援助交際掲示板

最近はパパ活が流行っているそうだが「パパ」とう単語自体は前からある。パトロンとなるとちょっと規模が大きいが、芸能人の卵がそうしたパパ(援助してくれるおじさん男性)を作るのは実は珍しくない話。一般市民がふざけて援助交際の延長でパパと使う事もあるがあくまで冗談ワードである。援助交際でもパパ活でも男性の事をパパと称して呼ぶことはよくある。そして一回きりのパパを「単発パパ」。長期で定期的に出会うパパを「定期パパ」・「月額パパ」と言ったりもする。つまり、定期的な大人の関係という事になる。単発と違って「これから毎月会いましよう」となると月払いになるため女性も安心できるし毎回男性を募集する手間も省ける。女性は安心できる人を探してパパ男性を見ているともいえる。

その実態やメリットを紹介する。

定期パパの実態

管理人の体験も他の男性から聞いた話もほとんどの場合は「女性からの提案」との事。女性によっては男性から提案される事もあると言っていた。援交女性は「この人なら定期的に会っても大丈夫かな?」という事を考えていたりする。毎回探すのが面倒になると良い人を見つけたくなるそうだ。女性会員のプロフィールにもたまに書いてある事がある。管理人の場合は援交女性を2度リピートしたら、あちらから言われた。女性は援交をしている事以外は普通のフリーターという感じ。ただ話していても確かに楽しかったし、普通に食事をでもできそうと思ったりもした。定期の提案は正直嬉しかった。こちらもポイントは利用せずに当然直接連絡もできるようになった。LINEを教えてもらった。それに食事も行くようになった。きっと愛人の関係はこんな感覚に近いだろうなと思った。仲良くなればなるほど定期のパパという感覚が薄れていくのを感じた。援交ではあるものの心の距離はぐんと近づく事が出来たと思う。

金額は5~20万からスタート

金額は援交女性とパパ男性の相談によって決められる。出会う頻度にもよる。月1~2回程度なら5万円。3~5回くらいなら10万円程度か。金額はパパ男性のポケットマネーだから男性の経済力次第という所が大きい。

月額パパになって良かった事

月額パパになって良かった事は恐らく援助交際のストレスが減った事だろう。ほぼ愛人のような存在だから何でもしゃべれる恋人に近い存在だ。援助交際のストレスとは、掲示板で探す行為・初めての女性と話す行為などだ。そうしたやりとりが無くなって初めて気がついたが、サイトで定期的に援助交際をしている男性は恐らく負担が軽減し楽しみが増えるだろう。その点は月額パパになって良かった事である。

定期的に会って辛いこと

出費

出費が余裕と言えば嘘になる。単なるポケットマネーで10万円はかなり痛い。月額・定額の援助パパになるという事は収入が安定している事が絶対条件という事が痛いほど分かった。自分の生活や貯金に余裕がない男性は絶対に定期は辞めた方が良い。

感情

感情で面で辛い時がたまにある。辛いと言うか、虚しくなる瞬間がある。それはお金を渡す瞬間。この時はお客さんと風俗嬢のような関係だ。お札を財布からだし、折り曲げながら数え女性に「はい」と言い、渡す。女性は「ありがとう!」と言い、もう一度その枚数を数え、10枚がある事を確認し、自分の財布にお札をしまい込み、お財布のチャックを閉める。そうして厚さの無くなった財布をお尻のポッケに戻し、女性とまた会話をする。この瞬間だけは感情が置いてけぼりだ。自分は何をやっているんだろうと思ってしまう。後で急に虚しくなったりする事がある。それは少し辛い。

まとめ~定期的関係には合う合わないがある

定期的関係はその援交女性と合うか?合わないか?と言う事も大事であり、そうした愛とお金の交換が自分に合うか?合わないか?という事が大事だと思う。月額のパパとなり今は続けているが、正直辞めたい気持ちもある。これはやらないと分からなかっただろう。それに愛人は圧倒的な財力でねじ伏せるが、出会い系の定期パパ・月額パパとなると規模が小さく、頑張れば手が届く関係性だ。だがやはり「頑張れば手が届く」という経済力では長期的関係を良好に保つことは難しい。そう気がついた。だから援助交際を長期でする時は安く始めるべきだろう。

サクラのサイトには要注意!出会えない系は使うな~援助交際掲示板

出会い系サイトの中にはサクラしかいない出会えない系サイトもある。よく「出会えない!」と言っている男性がいるが、援助交際の女性と大手サイトを利用して出会えない!という事ははっきり言って「ありえない」。よほど援助交際が禁止にならない限りは大丈夫だ。地方でも大手のサイトなら誰かかしら見つかるものだ。なぜ出会えないのか?相当破綻しているプロフや写真を利用しているかメールが不審者レベルで怪しいかのどちらかだ。そして出会えない人のおよそ5割の原因はサクラサイトを利用しているという事だ。援助交際がどれだけ出会いやすいと言えど、出会えない系のサクラサイトでは出会えない。当然。サクラサイトの中身を解剖してみよう。

出会えない系サクラサイトとは?

有名な優良サイトを利用していると分かるが、援助交際の募集は絶えない。その中で出会えないのはかなりの確率で使うサイトの選択ミスだ。出会えない系のサクラサイトだと普通の一般女性はいない。掲示板の書き込みは運営が雇っているサクラばかり。大手の優良サイトは見れば分かるがどれも素人か援デリだ。サクラはいない。そしてサクラサイトは延々と男性にポイントだけを利用させよとサクラ女性とやりとりさせられる。特徴をまとめてみた。

  • サクラの女性会員しかいない
  • サイトの名前が全く有名じゃない
  • 会員数が不明
  • 料金が高い。メール1通500円以上
  • 運営会社不明
  • 不具合が多い
  • 退会ページが見つからない
  • 運営に退会メールを送らなければいけない
  • 退会に数日かかると説明される
  • 退会にお金がかかる
  • 女性が全く会ってくれない
  • 別の出会えない系サイトに同時登録させられる
  • 電話番号認証がない
  • 年齢確認もない
  • 迷惑メールが届き始める
  • エロが全面に出ているサイトデザイン
  • 無責任に「必ず出会える!」とか書いてある
  • 具体的な実績はゼロ

これらが出会えない系サイトの特徴だ。とにかくうさんくさい。それでも出会い系サイトを利用した事のない男性は騙されてしまう事が多い。優良サイトを一度りようした事のある人ならそのサイトの怪しさに絶対に気がつくはずだ。だから最初に使い始めたサイトがミスってしまうとおかしいという事に気が付けない事が多いようだ。しかも有名じゃないから検索をしても利用者や体験者があまりヒットせず、腑に落ちない。おかしいかな?と思いつつ利用し続けてしまう。

サクラ女性の特徴

出会えない系サイトを利用して援助交際をしようとすると、1万5000円で本番をする予定がそれ以上の金額をサクラ女性に吸い取られてしまう。サクラだと薄々気づきながらも「いや、ひょっとしたら本物かも…」と思ってしまう。騙されたと分かると「やっぱりか…」と思いつつも肩を落とす。そんな不毛なサクラとのやりとりなんて辞めるべき。出会える優良サイトのアダルト掲示板をりようすればちゃんと出会いは作れる。メールを引き伸ばし、10通ぐらいグダグタ言う女性はアウトだ。援助交際をすると覚悟の決まっている女性なら最初の1通目でもう条件の相談を始めるもの。ではその他のサクラ女性の特徴を紹介しよう。

  • プロフィールに移る女性がやたら可愛い
  • 女性の自撮り写真はガラケーが写りこんでいる
  • 時代遅れのファッション
  • サイトを利用する女性
  • プロフィールにエッチな単語を盛り込んでいる
  • メールが続くばかりで進展しない
  • 質問に答えない
  • 再び質問をしないと会話が成り立たない
  • 返信が遅い

まとめ~メールが不必要に続くなら黒

とにかくメールを続ける事がサクラの使命。さっきも言ったように出会い系サイトで個人援交している女性は掲示板からメールまでの流れが早いし会話も早い。すぐ大事な話をする。条件や待ち合わせなど。でもそれを誤魔化しメールを続させるようなメールを打つ女性はアウト。黒だ。万が一サクラ女性じゃなくても連絡を絶たないとずるずるとした関係が続くだけ。見切りは早めに。

一番はやはりどうやってもサイト選びだ。そこを間違わなければ全然OK。

即日の出会い成功率80%のサイト活用術~援助交際掲示板

援助交際掲示板では即日の出会いも可能だ。サイトの掲示板の中にある「すぐ会いたい」といったカテゴリーを利用する事で実現する。それを80%以上の確率で成功させる事も可能。ちゃんとしたサイト・時間・場所・適切なメールなどを活用すれば難しい話ではなくなってくる。よく言う「努力の方向」を間違わなければいいだけの話。出会い系サイトでもっとガッツリとやっている人は本当に簡単に出会える。

今回はその少しのエッセンスを紹介。

即日成功の鍵は「競争率」

ちなみに出会える系のサイトを利用している事は大前提。

その上で即日の鍵は競争率だ。競争率を見極めるポイントは地域と受付メール数だ。受付メール数が一桁ならまだ可能性があると思って欲しい。3~4までが一番競争率が低い状態といえる。もちろん0にこした事はない。メールを3~4受け取っている場合でもなぜ大丈夫かというと、男性を選んでいる段階だからだ。サイトには変な男性が多い。よく援交女性から聞く話だが、変わっている男性が多いのだ。メールでその判断がつくらしい。だから受け取りメールが一桁の女性にメールを送る場合はちゃんとした文章を送る事。ちゃんとした文章とは、

「こんにちは、はじめまして^^気になったのでメールしてみました。まだ希望の人が決まってなかったら返事もらえると嬉しいです。条件などを添えていただけると助かります。また、もし今回お相手が決まってしまってる場合でしたら次回でも全然大丈夫です(笑)」

という感じ。管理人はこれくらい長い文章を書いる。これで即日をOKしてもらった事も何回もある。というかほぼテンプレで利用している。

また地域によっては全然募集しても集まらないと困っている援交女性もいる。こうした人を即日で狙うのも手なのだ。あえて少し中心より離れた場所の女性を狙う。少し中心地から離れただけでかなり競争率が下がる。女性は自分のいる場所から募集する事が多く、わざわざ中心地に行く人は少ない。しかも可愛い子が余っていたりするため、守備範囲を広げてみることでより即日の可能性を高める事ができる。

即日ならメールは早い方が良い

たまにメールの返信のスピードを気にする人がいるが、基本早くてOK。5分くらいでOKだ。1分以内に送ると引かれてしまう可能性がある。そこそこのスピードでメールすべき。また、メールは短文でも良いが、短文で送る人は多いため、少し長い文章にすると差別化できる。(笑)や^^などを利用してフランクさを演出もできる。

即日を成功させるなら掲示板のチェックはマメに

もし当日の出会いを成功させるなら掲示板をかなり更新させてみた方がよい。サイトならページの読み込みをボタンを1分おきに押す。ワクワクメールのような大き出会い系サイトなら10分おきくらいにアダルト掲示板に書き込みされる事も少なくない。平日でも1時間に1回以上はある。アダルト掲示板であれば他のカテゴリーも見る事で確率を高める事もできる。ちなみに時間的に競争率が低いのは平日の午後。といっても大抵の人が仕事だから忙しいとは思う。だが確実に成功率が高い。即日がしやすいのは平日の1~3時頃だ。休みの日は競争率が当然高い。が。募集も多い。

また、チャンス掲示板があればそれも見た方が良い。返信が少ない掲示板投稿を表示してくれるはず。

2人同時は微妙

これは個人的な見解だが、2人同時にメールをするのはあまりよくない。必ず1人を断らなければいけないしポイントもかかる。2人にメールするなら、その分早く1人にメールを返信した方がいい。1人がダメならまた次の人。というように攻めた方が良い。

ポイントは余裕を持った方がよい

ポイントをケチりたくなる気持ちは痛いほど分かるが、メールをしている時にポイントが減ったら早めに買ってしまった方がよい3000円で構わない。案外待ち合わせの時の細かいやりとりでポイント不足になってしまう事があるからだ。もしクレジットカードの番号などが登録されていない場合はポイント購入でコンビニまで行かなければいけなかったり、ATMが必要になることも考えられる。ポイント不足でメールが遅れたばっかりに愛想をつかされては悔やまれる。だから準備はしておこう。

また、ワクワクメールではマナー返信という0円で遅れるテンプレメールもある。そうしたサービスを利用するとポイントも節約でき、文章を考える必要もなく早くメールを返信できるから即日出会いでは非常に有効。大手のサイトではマナー返信ができるサイトは多い。簡単な返事は利用すると良い。

待ち合わせは確実な場所

即日で出会う時にやりがちなミスは集合場所が分からないというものだ。絶対どんな人が見てもわかるような待ち合わせ場所を設定する必要がある。コンビニは案外いっぱいあるから注意が必要。Googleマップで中心地のセブンイレブンやローソンを検索してみると画面いっぱいにロゴマークが表示されるはずだ。一番分かり易いのは駅などのベタな集合場所だ。渋谷ならモヤイ像など。分かりやす居場所をチョイスする。

服装などを明確に伝える

しかしどれだけ分かりやすい場所を指定してもいきなりネットの人と出会う時は疑ってしまう事がある。だから服装もこれでもか!というぐらい詳細に教えておくべき。持ち物・上半身・下半身・靴の4つの要素を伝えておけばすぐにイメージが付くはず。お互いで伝えておくとバッチリ。

まとめ~即日は慣れも必要

一度だけ即日でポンポンポンとすぐに出会いを達成し、援交セックスまで到達できた成功体験を味わえば手軽さを実感する事ができる。出会い系サイトのメールは1通が50円ほどだが、これはかなり安い設定だ。即日でも700円くらいで可愛い援交女性と出会う事が可能だったりする。だからまずは成功させて慣れれば感覚がつかめるはず。何度も言うが絶対に大手を利用する事が大前提。そこからチャンスが生まれる。

児童買春には要注意!18歳の越えたくない壁~援助交際掲示板

売春にも説明しておく。援助交際といえば普通の一般人が考えれば危ない行為・卑猥な行為として揶揄される。それは1990~2000年代に流行った女子高生の援助交際の社会問題が原因である。現代でこそ減ったが、18歳未満の女性が法を破り、ネット上で知り合った男性と売春をするというイメージが「援助交際」にはどうてしも存在するという事だ。その問題もあり、平成20年12月に出会い系サイト規制法が成立し、より厳重に18歳未満が登録できないようにサイトのルールが厳しくなっている。そして2017年では出会い系サイト=援助交際というイメージもゼロではないが大幅に減り、出会い系サイト=ネットの出会いとしてはアリ。というイメージが定着しつつある。確かに純粋な出会いを楽しむ人は多くなったが、依然としてアダルト掲示板による援助交際の活発な状況には変わりはない。だから最低限は過去に合った過ちを繰り返さないように18歳未満とのセックス・児童買春・淫行条例などを気を付けなければならない。

売春はグレー「売春防止法」

援助交際が普通に行われている出会い系サイトのアダルト掲示板だが、あれは警察も目を瞑っているグレーな行為だ。なぜなら売春は防止・予防する法律はあるものの取り締まる法律はないから。罰則がない法律である。それが売春防止法だ。勧めたり、勧誘したり管理売春したりしたらアウトだが、個人間でのやりとりはその範疇ではない。それを取り締まると愛人も禁止された行為になる。恋人にプレゼントしても売春になるかもしれない。そんな事を気にしていたら法律も時間も警察の人数も足らないし切りがないし、不可能だから罰則がない。でも売春させられてしまった場合はその人を救済しよう!という事で売春をさせたり環境を作ったりする人はアウトという風になる。

ただこの話はすべて18歳以上の女性の場合に適用される。18歳未満と援助交際・セックスをする。となると話は大きく変わってくる。それが児童売春だ。

完璧にアウトなのは18歳未満

18歳未満とセックスをしたらまずいことになるのは何となく知っている人は多いのではないだろうか?なんか捕まるっぽいよね。という話。これはその都道府県の条例にもよるから一概には言えないが基本はアウトと思った方が良い。ものすごくちゃんとした恋愛で親も認めるくらいの関係性ならアリ。しかしそれ以外は淫行条例にひっかかる。恋愛感情があっても危ない行為となる。

それにお金が関わったら余計に大変な事になるのは想像がつくだろう。

そして18歳未満の女性とお金などの金品を渡し、セックスをしたとなるとそれはかなり重い刑になる。それが児童買春。出会い系サイトのアダルト掲示板を利用し援助交際をするなら一番気をつけなければいけない法律。

児童買春は18歳未満と知りながらお金を渡し、セックスをする事。これが警察にバレた場合、5年以下の懲役または300万円以下の罰金を課せられる。ほかに関係する法律・条例は

  • 青少年健全育成条例違反
  • 児童ポルノ製造罪
  • 児童淫行罪
  • 強制わいせつ罪・強姦罪
  • 児童福祉法

などが適応される。日本は18歳未満の女性とのセックスに対し厳しいのだ。個人的にはそれくらい厳しい方が秩序が保たれるから良いと思ってる。

法律を書き出すとあまりに長いため割愛するが、18歳未満のセックスに対して記載しているサイトはwikioediaをはじめ多くあるためググって欲しい。とにかくシンプルに要約すると

18歳未満はヤバい

という事だ。

まとめ~18歳未満かも?って思ったら必ず聞こう

出会い系サイトでは基本18歳未満がいないシステムになっているが、年齢認証で親の免許証を利用すれば登録は簡単にできてしまう。とても少ない確率ではあるが、気をつけて利用して欲しい。とにかく18歳未満はヤバい。

逆援助交際は童貞の救い?成功体験紹介~援助交際掲示板

出会い系サイトで援助交際をしているとたまに嘘のような体験談を聞く事がある。その一つに「逆援」というものがある。逆援助交際だ。逆なのだから女性が金銭を支払い、男性とセックスするという大奥のような状態だ。このような事は本当にあるのだろうか?女性がお金を支払ってもセックスをしたいと思う状況はありえるのか?その疑問に答えるべく、成功体験を入手することに成功した。しかし聞いても「本当?」と思うのが正直なコメントだ。しかし言葉が流行るのはそうした自体が本当に起こったからだろう。一つ間違いなく言えるのは、「逆援」は掲示板ではもの凄く確率が低いイベントという事だ。出会い系サイトの体験談を探しまくっている管理人ですら1つの成功体験談しかゲットする事ができなかった。だから少ない確率だという事を分かって欲しい。ただ、実際に起こるかもしれない。という話だ。しかも貧乏童貞の男性の体験だから耳を疑う。

逆援された貧乏童貞

逆援されたのは貧乏な童貞男だった。ただし20代の前半の男性でそこそこの男前の顔だった。男性は童貞を卒業したいと思い、出会い系サイトを利用したと言っていた。まさかお金をもらって卒業するとは夢にも思わなかっただろう。

彼の中で「援助交際では童貞を卒業しない」という気持ちがあったため、アダルト掲示板は利用しなかったらしい。

そう。彼はピュア掲示板で逆援助交際されたのだ。

逆援をした30代後半の女性

この女性が特殊だった。

お金を持っている女性だったそう。仕事をバリバリしているというより、何やら資産があるようなタイプの女性だったと脱童貞の逆援成功の彼が言っていた。

見た目は街を歩く時に大きめのサングラスをしてしまうような女性で見た目からして「お金を持ってそう」という人だったらしい。

30代後半の女性で化粧が濃かった。黒髪で165くらいの高めの身長。結婚はしてない。ガッツリと出会い系サイトを利用しているわけでもなく、高級クラブなども利用している特殊な女性だ。

そして彼女が逆援を彼にする事になったのは、ピュア掲示板での出来事だ。

ピュア掲示板の書き込みで女性からメール

出会い系サイトの援助交際で利用される掲示板はもっぱらアダルト掲示板である。さらに言うならアダルト掲示板のカテゴリーの中でも「今すぐ系」や「大人の関係」などのカテゴリー。一番多いのは「今すぐ系」の掲示板カテゴリーだ。

しかし、逆援成功エピソードで使われたのは、ピュア掲示板だった。男性がピュア掲示板で「デート募集」をしたところ、30代の女性からメールが来たそうだ。内容は「よかったらお茶でも」というお誘い。脱童貞を掲げる男性にとっては願ってもない提案だったろう。逆援されると思ってもみなく、彼は彼女とお茶をすることにした。

出会って帰り際にまさかの提案

そして逆援女性と童貞男性という奇妙な組み合わせでお茶する事になった。この時の会話では女性の喋りが上手で童貞男性は流れるように女性と会話をしていたらしい。楽しかったと言っていた。そして別れ際に彼女が爆弾発言を投下する。

「よかったらホテルに付き合ってくれませんか?」

という話だ。あとで聞くと、彼女は出会い系サイトの男性会員やホストの男性と自分からお願いしてセックスをする事があるそうだ。彼をお茶会で“面接”し自分がセックスしたいと思ったのだろう。童貞の彼がこれを断る理由はなかったが、さすがに疑ったらしい。そしてモヤモヤしていると。

「じゃあタクシー代支払います」

と言って。彼女は1万円を彼に握り締めさせた。

こうして逆援助交際が成立。彼は童貞なりに頑張ろうとしたが、ラブホテルでは終始女性にリードされたと彼は言っていた。30代で逆援してくれた彼女は童貞が好きという風にも言っていた。何やら慣れていない人が好きらしい。彼にとっては衝撃的な出来事だった。ちなみに童貞を卒業した彼とはもう逆援はしない、と言っていたそう。

かなりのレア体験だがこれが逆援助交際のの一部始終である。

援デリ業者とは?3秒で見分ける識別法~援助交際掲示板

最近の若い人はよく“ググる”。そこで、援助交際を調べている人が検索して疑問に思う事が当てよう。それは「援デリ」。きっと初めて見る人は援デリというものが何なのか分からないはず。しかし出会い系サイトや援助交際を利用する人なら必ず知っている事だ。「業者」と呼ばれる事も多い。男性は援デリを避け、女性は援デリに間違えられないよう気をつける。しかしなぜ援デリは嫌悪されるのだろう。そもそも、その正体は何だろう。慣れれば一瞬で援デリ業者と一般女性会員を見分ける事も可能。3秒もあれば可能。ではその援デリについて掘り下げて話していく。

援助交際デリヘル業者の略

援助交際をしているデリヘル業者という事。デリヘル業者が売れないデリヘル嬢を出会い系サイトを利用して派遣し、売るということ。また、個人の援助交際女性の後ろ盾として活動することもある。普通の20代前半や10代の女性は自分で出会い系サイトで買春することに不安を覚える。だから協力者がいると助かる。その流れで援デリ業者に仲介してもらう。援デリ業者が扱う女性は主にこの2パターンの人間。組織的に動いており、スタッフや主犯格の男が1人~数人と派遣されるデリヘル嬢・一般女性が多数という図式になる。

そして援デリ業者は、女性の男性から貰う料金から手数料を引き、女性に金額を渡す。折半から4割くらいは手数料とする場合が多いらしい。その分面倒ごとはすべて援デリ業者の男が背負い込むという形になる。

援デリは犯罪行為

恐らく援デリ業者のおおよそはイメージが付いたと思うが、大事なのは援デリ業者が犯罪者であるということ。無許可の管理売春だからだ。それに出会い系サイト側だった利用されても迷惑業者だから排除したいと思っているし、積極的に排除している。

男性側の不満

なぜ援交をしている男性は援デリを嫌がるかと言うと、「援デリ業者の女性は不満点が多いから」という事が挙げられる。まず可愛いくない。写真と全然違う女性が登場する。それにプレイは蛋白で時間を気にし過ぎている。短時間で終わらせられる。という内容的な不満が多い。きっと援デリ自体が嫌というわけではないのだと思う。くる女性の対応が雑だからだろう。それに援デリ女性はセミプロのようなポジションに値する。だから素人女性を抱きたいと思っている援交男性は本位ではないことになる。そもそも援交自体がグレーな行為であるから、援デリそのものが合法かどうかは関係ないのだろう。

見分け方

援デリ業者は掲示板の書き方が露骨なため簡単に見分ける事ができる。しかも大手の優良出会い系サイトでほぼ共通して同じ特徴があるため本当に容易だ。出会い系サイトの援助交際掲示板に書き込んでいるのは援デリ業者の男性である事もその要因だ。女性は出会い系サイトに触れる事はなく、「打ち子」と呼ばれる男性スタッフがひたすら掲示板に書き込んだり、男性とメールをするのだ。多くの男性と同時にやりとりするため会話の内容が食い違う事がある。

掲示板の書き込み投稿の特徴

援デリを見分ける時は掲示板の書き込み投稿をみれば何とかなる。分かりやすい言葉で言えば「エロ」が前面に出てるかどうかだ。個人援交をしている一般の女性はエロい単語や言い回しを使わない。しかし援デリ業者は風俗業界の人間が打ち子をしているため、平気でエロ単語をバンバン利用する。「私のアソコに…」なんて普通の女性が言うはずもない。

出会い系サイトのアダルト掲示板に何日も連続で投稿している女性も怪しんで良い。全く同じ文章で書き込んでいる女性は特に怪しい。

それにプロフィールがエロいという事も特徴として挙げられる。写真からしてやたら可愛かったらもう援デリの可能性が50%だ。写りが素人臭くないカメラマンが撮ったような写真は当然怪しい。ちょっとしたアイドルのように可愛いプロフ写真も疑うべきだろう。

まとめ~見たら分かると思う

ここなで説明しておきながらあれだが、出会い系サイトのアダルト掲示板を一度見れば分かるものだ。「何か変だな…」と思うだろう。おかしいな?と思ったら援デリ女性である可能性が高い。

利用するサイトをちゃんと見分ける事も大切だ。そもそも出会えない系サイトを利用していたら出会えない。素人が多い出会い系サイトを見ていると、素人女性のプロフィールや掲示板の書き込み投稿の特徴もわかってくるはず。まずはサイト掲示板を利用することから始まるだろう。

相場条件ってどれくらい?出会い募集で暗黙の了解~援助交際掲示板

出会い系サイトでの相場条件を紹介していこうと思う。恐らく素人でも「ホ別イチゴ」という単語は聞いた事があるだろう。アダルトな世界だから相場条件・料金はしばしば隠語でやりとりされる。しかし援助交際掲示板では避けられない部分。暗黙の了解でちゃんとこちらも相場を知っておかなければならない。むやみに安い料金を提示しても相手にされてないから気を付けた方が良いだろう。料金の交渉は慣れてからが無難だ。また、相場条件を知っておくのは法外な値段で料金を求める援交女性に対抗するためでもある。基本料金で言う女性出会い系会員がほとんどだが、希に分かっていない女性もいる。逆に高い金額でも相応と納得するレベルの高い美女も出会い系サイトには存在したりする。その基準をしっておくのは大事な事だ。

基本相場はホテル代別1万5000円

援助交際掲示板の基本相場はホテル代別で1万5000円。ホテル代は帰り際に援助男性が支払う。ラブホテルでは、大抵2時間や3時間の「休憩コース」で利用が多い。1万5000円は先払いで求める人がほとんど。ヤリ逃げを防ぐためだろう。援助交際女性も警戒はしている。だから求められたら素直に渡そう。金額を目の前で確かめる女性もいる。レジのお札を数えるように上手に数える女性すらいる。そうした女性は慣れているセミプロ的な女性といえる。

また1万5000円はゴムありの金額だ。と言ってもゴムなしでヤラせてくれる援交女性はほとんどいない。希に生がOKな女性は2万円や1万5000円+αで料金を求めてくる人がいる。それはその女性の料金で支払う。

これもまた本当に稀な話だが、美女でスタイル抜群の援交女性がいたりする。そして3万円を求めるのだ。しかしこれは高くても相応な事が多い。考えてもみれば、その美女をソープで抱くとしたら4万円はくだらないだろう。その風俗・ソープだったら?という基準で相場料金を考えると納得がいくし、むしろ安い場合も多い。だから一概に1万5000円以上が高いとは言えない。

激戦区は一番高い

激戦区は基本相場が高くなりやすい。出会い系サイトの援交掲示板も商品の相場料金と同じで買い手が増えれば価格が高騰するものだ。出会い系サイトで激戦区といえば東京・大阪だろう。東京は渋谷・新宿・池袋・吉祥寺・鶯谷・立川・町田など。神奈川の川崎も盛んだ。大阪では梅田・難波が鉄板。料金が高いと1万6000円~2万円ほど。

地方ほど安い

出会い系サイトの援助交際掲示板で地方を検索すると分かるが、地方は援交料金が安い。相場がそもそも安めに設定されている。1万円で本番ができることもある。言ってしまえば本人次第でもあるが、安くなる可能性は地方ほど高いだろう。特に本番でもカーセックスやネカフェでのセックスは安くなる事が多い。

プレイ内容で料金が変わる

援助交際はプレイ内容で当然料金が変わってくる。このあたりは風俗を参考にしてほしい。風俗の料金×0.8ぐらいの料金相場になる事が多い。風俗と比べると料金はやっぱり安くなる。

本番

本番は安くて1万高くて4~5万。一般は1万5000円。

本番以外

本番以外の度合いにもよる。フェラは5000円で手は3000円が一般的でほとんどのプチ援交などは口か手がほとんどだ。それ以外になってくるとかなりマニアックな領域になるためノーマルにするならあまり考えなくて良い。

たとえば“何か”を売ったりする。女性のパンツや汚物の事だ。あとはアブノーマルなプレイ。たとえば〇カトロとか野外プレイやSMなど。あとはハメ撮りをした場合の撮影料を要求される事も多い。ここまでくると相場などは関係なくなってくる。その援交女性次第というわけだ。

まとめ~まずは相場通りに

もしこれから援交を考えているのなら相場でまず経験する事が間違いない。援助交際掲示板のほとんどの案件はノーマルなものでホ別イチゴが最も多い。もし慣れてきて料金を値切りたいと思ったらその時にチャレンジする。あとは金額が相応じゃないと感じた時。それ以外は普通の相場がいいと思う。